マッチベター

マッチベターの登録から入金までの全手順【画像つきで紹介】

マッチベターに登録するにはスマホかアプリに対応できるPCがあれば登録・利用が可能です。

対応PCで有名なのは2020年11月に発売されたM1チップ搭載のマックブックがあります。

俗にM1Macと呼ばれている新型のMac Book AIRとProは私も利用しており、アプリにも対応していることを確認済みです。

それではマッチベターへの登録手順を紹介しますね。

マッチベターに登録する端末を決める

スマホでもPCでも入力画面はほとんど同じです。どちらからでも登録しやすさに違いはないので好みで選んでもらって大丈夫です。

ここでは説明がわかりやすい画面の大きなPCでの画像を使って紹介してみますね。

マッチベターに登録する端末から公式サイトに入る

まず最初に、マッチベターの公式サイトに入ります。

→ マッチベターの公式サイトに入る

公式サイトに入ったら次は「無料で登録」のボタンをクリックします。

 

このあと、登録したスマホ番号に認証コードが届くのでそのコードを次の画面で入力し、承認されてアプリをダウンロードすれば登録完了です。

アプリにログインするにはさきほど上記にて自分で決めた4桁の数字を入力すればOKです。

また、スマホやPCが指紋認証でロック解除できるものならマッチベターのアプリも指紋認証で入ることもできます。私はiPhoneでもMac Book Airでもどちらの場合も指紋認証でいつもマッチベターを開いています。

マッチベター登録後 入金(チャージ)する手順

マッチベターに登録が完了したら、次は入金(チャージ)を行います。

金額を入力するか選択項目にある金額でよい場合はそれをクリックしても金額を決めることができます。

なお、個人的には入力の方が勘違いがないので安心できてます。

次はいよいよマッチベターに入金をする手順となりますが、多くの人が選んでいるクレカを使った手順で紹介したいと思います。

クレカ(VISA マスターカード)での入金処理の例

クレカはJCBとVISAとマスターカードが選べますが、私の入金成功率からすると無難なのはマスターカードだと感じてます。

なお、VISAは厳しい印象しかなく入金失敗することが多い印象です。

次は入金の目的を選択します。

オンラインカジノはゲーミングになる気がしますがここでは「ゲーミング以外」を選んでください。

※ゲーミングは選ばないでくださいね。

次はクレジット情報の入力です。

マスターカードの場合は以下のような画面となります。カード会社によって若干画面が異なりますが基本的には同じような内容を入力するだけです。

  • クレカ番号は数字だけでOK
  • CVVはクレカ裏の3桁の数字のことです

入金したらマッチベター内で資金を移動させる

入金したお金をピアツーピアを選択して自分から自分へとアプリ内で資金を移動させます。

※ゲーム目的もしか使えない資金をオンカジで使える資金へと移動させるって感じです。超簡単ですよ。

先ほど入金したお金が反映されていたら「ピアツーピア」をクリックします。

スマホ番号や希望額を確認して問題なければ「送信」をクリックします。

「送信」をクリックすれば一瞬で資金が自分から自分へと移動します。

さいごに

はじめての場合にはマッチベターに登録するところからのスタートになるので面倒に感じる人も多いかもしれません。

でも、他の電子決済サービスに登録するよりも簡単ですし、アプリさえあればいつでも入金・出金が簡単に処理できるようになるのでこれから利用するにあたってはラクができるようになりますよ。

それと、送金スピードがとにかく早いので、プレイ中に資金追加をしたくなった時も、クレカなどでマッチベターに入金してピアツーピアもサクッと終わらせれば、ほとんどのオンカジにマッチベターで超爆速で送金ができるので勝負でツイてる時の波を逃さずにすみますよ。

そんなわけで、近頃ではオンカジの決済手段はクレカかエコペイズかマッチベターか仮想通貨のだいたいこの4つが主流となってきてます。

それぞれにメリットも違いますが、マッチベターとエコペイズはUSDかユーロで管理ができるので保管中にも大きな価値の変動を受けることがないので安心です。仮想通貨は暴落もありえますからね。

それとマッチベターなら海外の会社がお金を預かってくれることになるのでお金を日本に入れたくない間はマッチベターに入れっぱなしにしておきたいというプレイヤーにも選ばれてます。

マッチベターはクレカの月間上限額まで入金ができるので月間上限が数百万円のクレカを持っている人には特に人気があります。